iOS端末で方法の例として,iPhone5 (iOS7)での設定方法を記載します。 同様の設定でiPadおよびiPod touchでも利用可能です。

1.1 アカウントの追加

「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」を選択し, 「アカウントを追加」を選択。


1.2 メールアカウントの追加

「その他」で「メールアカウントを追加」を選択。


1.3 「新規アカウント」に学生基本メールのアカウント情報を入力。

名前自分の氏名
メール学生番号のメールアドレス
パスワード大学で使うパスワード
説明識別のための文字列
(この例では「s.kyushu-u.ac.jp」)

1.3 IMAPサーバの設定

「新規アカウント」で「IMAP」
受信メールサーバ
ホスト名mail.s.kyushu-u.ac.jp
ユーザ名学生SSO-KIDまたは学生番号
パスワード大学で使うパスワード
送信メールサーバ
ホスト名mail.s.kyushu-u.ac.jp
ユーザ名学生SSO-KIDまたは学生番号
パスワード大学で使うパスワード
※ ユーザ名は入学年度で変わります
  • 2014年度以降に入学した方は「学生SSO-KID」
  • 2013年度以前に入学した方は「学生番号」

「メール」アプリを起動し,上で設定した九大学生基本メールの所 (上記の例では「s.kyushu-u.ac.jp」)を選択する。 インターネット通信が可能であれば,九州大学の学生基本メールサーバと通信が行われ,メールが利用できるようになる。

「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」を選択する。 設定した九大学生基本メールの所(上記の例ではs.kyushu-u.ac.jp)を選択する。 最後に「アカウントを削除」を行う。


  • IMAPでメールを利用する場合,メールのデータはサーバ側で保持されています。
  • 端末のメールソフト内での操作は,サーバ側にも反映されます。のメールデータも消えます。
    • 端末のメールソフト内で,メール削除すると,サーバ側のメールデータも消えます。
    • 端末のメールソフト内でメールデータをフォルダに移動すると,サーバ側のメールデータも移動します。
  • ただし,端末側のIMAPアカウントを削除しても,サーバ側のメールデータは削除されません。