迷惑メール(spam mail)とは,同意なしに勝手に送られてくる宣伝目的のメールのことです。世界中で送受信されているメールの約9割がspamメールです。一方,ウイルスメール(virus mail)は,ウイルスに感染したファイルが添付された電子メールのことです。

新しい全学基本メールサービスでは,ウイルスメール対策機能(Anti Virus)を導入しています。ウイルスメールと機械的に判断されたメールは,自動的に削除されます。

ウイルスメールは,かなり高い精度(precision)で排除されますが,完全ではありません。情報統括本部ではパソコン用のセキュリティ対策ソフト・ウイルス対策ソフトを全学契約し,全学に提供しています。このセキュリティ対策ソフトをパソコン端末に入れて,各自で防護して頂くようにお願いします。

全学基本メールでは迷惑メール(spam mail)を次のように対応します。

  1. もっぱらspamメールだけを送信しているホストの情報が蓄積されている「ブラックリスト」に登録されているホストからのメールは着信拒否します(受信されません)。
    稀に受信すべき有用メールがブラックリストから送られる可能性もあります。 しかしながら,その確率は非常に低く,迷惑でない有用なメール配送の信頼性を損なう程ではありません。
  2. それ以外のサイトから送信されたメールは,迷惑メールフィルタ装置を通します。 フィルタ装置で迷惑メールと判定されたメールには, 表題(subject)に [spam] という文字が自動挿入されます。